世界平和アピール七人委員会 World Peace 7
メインメニュー
このページを投稿
ホーム  >  アピール
アピール English

原発再稼働の条件は整っていない

民主主義を破壊する閣議決定を行わせないために、国民は発言を

辺野古に新しい軍事基地を造ってはならない

「特定秘密保護法案」の廃案を求める

日本国憲法の基本的理念を否定する改定の動きに反対する

原発ゼロを決めて、安心・安全な世界を目指す以外の道はない

原子力基本法の基本方針に「安全保障に資する」と加える改正案の撤回を求める

2012 106J イスラエルとイランの市民と政府に呼びかける

2011 105J 名護市辺野古への米軍普天間飛行場の移設計画は直ちに取りやめなければならない

2011 104J 原発に未来はない;原発のない世界を考え、IAEA の役割強化を訴える

2010 103J 国連事務総長潘基文殿へのメッセージ

2010 102J 核兵器不拡散条約再検討会議を前にして 核兵器禁止条約の採択に向けた早期交渉開始を求める

2009 100J 戦争なき世界に向けて核兵器廃絶のための具体的行動を呼びかけるアピール

2009 99J いのちを大切にする世界を目指して:生物多様性条約第10回締約国会議(2010年)に向けてのアピール

2009 98J 核兵器廃絶実現への日本の具体的行動を呼びかけるアピール

2009 97J イスラエルによるガザへの攻撃の中止を求める緊急アピール

2008 94J 「宇宙基本法の監視を」―国民に訴える

2008 93J 日本政府は米印原子力協定に反対を

2008 92J 北海道洞爺湖サミット参加国首脳への要望

2007 91J 宇宙基本法案の再検討を求めるアピール

2007 90J 国民投票法案に対するアピール

2006 89J 朝鮮民主主義人民共和国の核実験発表に対するアピール

2006 88J 米国とインドの原子力協力推進についての要望書

2005 87J 平和に生きる世界のために

2005 86J 核不拡散条約再検討会議に際し、核軍縮への具体的努力を求めるアピール

2005 85J 核兵器使用60周年にあたり、改めてその実態、非人道性を直視するよう日本国民と日本政府に訴える

2004 84J 核兵器への依存の即時停止と速やかな廃絶を求めるアピール

2004 83J 武力行使・敵対行為の犠牲になる市民の安全の擁護と紛争の平和的解決を求めるアピール

1996 82J 包括的核実験禁止条約(CTBT)の年内締結と核兵器禁止条約の早急な審議開始を

1991 81J 湾岸戦争の平和解決を訴える

1990 80J 国際連合平和協力法案についての要望

1988 79J 天皇の皇位継承行事に関する要望書

1978 77J 首相は自ら軍縮総会に出席して全面完全軍縮を訴えよ

1976 76Ja 被爆者援護法の早期制定を求める要望書を三木首相に提出(要旨)

1975 75Ja 核拡散防止条約の早期批准を求める三木武夫首相あて要望書(要旨)

1974 74Ja「原爆被害者援護法の制定を要求する研究者・文化人の声明」に賛同する二百八十二人の連名で斉藤厚生大臣に要望書提出(要旨)

1974 73J ソ連の地下核実験は極めて遺憾

1974 72J 米国の地下核実験は極めて遺憾

1974 71J 英国の地下核実験に抗議する

1974 70J 中国の新たな核実験に抗議する

1974 69J フランスの核実験に抗議する

1974 68J 政府は核拡散防止協定を批准せよ

1973 67J 田中角栄首相への要望書

1973 66J 中国の核実験に強く抗議する

1973 65J フランスは核実験を中止せよ

1972 64J 北爆再開に強く反対する

1972 63J フランスに核実験の中止を要望する

1972 62J 中国の核実験に強く抗議する

1972 61J 中国の核実験に抗議する

1971 60J 四次防に関する要望書

1971 59J 中国の核実験は遺憾

1971 58J 米国核実験の中止を訴える

1971 57J 中国代表権問題に関する要望書

1969 56J 中国、ソ連、米国の核実験に際して

1969 55J 国連軍縮委員会への参加に際して

1969 54Ja 核兵器の撤去をふくむ沖縄の施政権の即時全面無条件返還を要望するアピール(要旨)

1968 53J 北爆全面停止に際し民族自決主義を訴える

1968 52Ja 原爆被災者の人口調査に関する要望書(要旨)

1968 51J ソ連・東欧四力国のチェコに対する武力侵入に抗議するアピール

1968 50J フランスの水爆実験に反対するアピール

1968 49J 北爆停止に際しベトナム和平の実現を訴える

1967 48J 「核アレルギー・核の傘」論を排するアピール

1967 47J 原爆被災者の人口調査に関する要望書

1967 46J 原爆被害者援護法制定に関する要望書

1967 45J 佐藤首相の南ベトナム訪問計画に関する日本政府への要望書

1967 44J 中国の水爆実験に際し核兵器保有国に不使用宣言を行うように訴える

1967 43J 再度原爆被害者のための援護法制定を要望します

1967 42J 中東戦争の突発に際してのアピール

1967 原爆ドーム補修の起工式に際して

1967 41J 原爆被害者を守るための援護法制定に関する要望書

1966 39J 中国の核実験に際し佐藤首相に国連での努力を要望するアピール

1966 38J アメリカのハノイ・ハイフォン地区爆撃に対する抗議アピール

1966 37J フランスの核実験に反対するアピール

1966 36J 中国の核実験に際し軍縮会議の開催を要望する

1965 35J ベトナム戦争の平和的解決に関する佐藤首相へのアピール

1965 34J アメリカの北爆に反対するアピール

1964 33J 中国核実験に際してのアピール

1964 原子力潜水艦寄港の政府内諾に反対する茅委員の談話(要旨)

1964 中国核実験に際してのアピール

1964 原子力潜水艦寄港の政府内諾に反対する茅委員の談話(要旨)

1963 ケネディ大統領の不慮の死に哀悼の意

1963 32J 部分的核実験停止条約成立に際して米英ソ三国首脳へのアピール

1963 31J 原子力潜水艦寄港問題に関する要望書

1963 30J 軍縮委員会に対し核停止協定の成立を望むアピール

1962 29J キューバ危機に際しウ・タント国連事務総長へのアピール

1962 28J 原爆投下十七周年に際し米国に核実験中止を訴える

1962 27J 原爆投下十七周年に際しソ連に対し核実験の中止を要望するアピール

1962 26J ケネディ大統領に核実験停止を訴える

1962 25J 核実験停止のための中立八ヵ国案を支持するアピール

1962 24J ケネディ大統領に対し核実験再開の中止を訴える

1961 23J アメリカに核実験停止を訴えるアピール

1961 22J ソ連の超大型核実験に抗議するアピール

1961 21J 核実験についてのケネディ大統領へのアピール

1961 20J ソ連核実験再開に対する抗議アピール

1961 19J ベルリン危機に際し米ソ首脳へのアピール

1961 ボーリング博士に敬意と感謝をささげる

1960 上代・植村両委員「アイゼンハワー大統領の訪日は望ましくない」とアメリカの友人たちヘアビール(要旨)

1960 湯川委員、七人委員会の意をくみ国会の速やかな解散を要求する個人声明(要旨)

1960 政府・各党に議会政治の正常化を訴える

1960 国連緊急総会開催を訴えるアピール

1960 活動方針再確認のアピール

1959 日本政府に対する「世界平和日本宣言」の勧告

1958 アイゼンハワー米大統領、ハマーショルド国連事務総長に対する核実験停止についてのアピール(要旨)

1958 海洋法設定国際会議に関するアピール

1958 国連と国連加盟二十力国首脳へのアピール

1957 パダウォッシュ会議(カナダ東海岸パダウォッシュにおいて開催。核爆発実験による人工放射能被害に関する世界科学者会議)に出席する湯川委員に同会議に対して原水爆禁止を呼びかけるアピールを託す(要旨)

1957 水爆実験禁止協定成立のため、速やかな措置をとるよう国連に勧告(要旨)

1957 マクミラン英首相に対し水爆実験計画の中止を要望するアピール(要旨)

1956 スエズ・ハンガリー問題に対し三つのアピール(要旨)

1956 米大統領に対し水爆実験中止を訴えるアピール

1955 1J 国連第十回総会にむけてのアピール


World Peace 7